【義肢装具士科】社会人のキャリアアップを応援!国の教育給付制度

本校義肢装具士科(3年制)は、社会人の方のキャリアアップを応援する、
専門実践教育訓練指定講座となっています。
これは義肢装具士養成課程としては、日本唯一であり、最大144万円を受給できる可能性があります!

教育訓練経費と支給金額の目安
義肢装具士科[昼間部/3年制]
教育訓練経費
専門実践教育訓練給付金支給金額の目安(入学金や授業料など):4,200,000円(3年間合計)
講座を修了した場合: 960,000円
受講修了後1年以内に資格取得等をし就職した場合:1,440,000円

・この費用以外に施設管理費・諸費用の納入が必要です。
・教育訓練経費については、平成27年10月1日現在のものとなります。
・教育訓練給付金の詳細は、本校またはハローワークでご確認ください。

この制度を利用し、義肢装具士への転職を目指して学んでいる社会人入学生の方をご紹介します。

1

義肢装具士科1年生
川畑 直人さん
前職:リハビリ助手

前職、病院のリハビリテーション科で助手と働く中で、様々な疾患や障害を抱えた方と触れ合いリハビリの奥深さを知る中で、義肢装具士の存在を知りました。
そして、義肢装具士としてリハビリ業界をよくしたいという思いも生まれました。
しかし、仕事を辞め、学び直しする上でこの道でいいのか、と迷った時期もありました。
そんなとき、オープンキャンパスで先生方や入学事務局の方に相談に乗っていただき、親身にアドバイスいただいたことや、この、専門実践教育訓練給付金のお話なども聞いて、決意することができました。
クラスには社会人入学生の同級生も多く、協力し合いながら日々、授業や実習を頑張っています!