【授業紹介】福祉用具研究~ケアリフォーム大賞受賞!~

福祉用具研究「第4回 ケアリフォーム大賞 受賞!!」

義肢装具士という仕事は、病院で義肢・装具を提供するだけでなく、患者さんの退院後の生活や職業復帰、趣味やスポーツ活動まで幅広くサポートすることが望まれています。

義肢装具士科4年制では「福祉用具研究」という授業があります。
この授業は幅広い福祉用具について、その機器の使用目的や正しい使い方(適合の仕方)について、またケアプランの立て方など、座学・演習・実技の面から福祉用具について深く考え体験し、実践しています。
中でも特に学生達が興味をもったのは住宅改修でした。
そこで学生たちの力試しに、NPO法人ケアリフォームシステム研究会(以下CRS研究会)の主催※1コンテストである「第4回 ケアリフォーム大賞 学生福祉部門」に4年生全員が、この授業で学んだことを基に、義肢装具士の目線をで利用者のことを真剣に考えました。
そして、そのアイデアを基に応募しました。

※1(ケアリフォーム大賞とは、福祉住環境の充実・向上を目指すCRS(ケアリフォームシステム)研究会が主宰する福祉住環境プランのコンテストです。毎年、CRS全国大会のイベントのひとつとして開催しています。
CRS会員をはじめ、福祉のお仕事に携わる方や、福祉住環境を勉強中の学生の方々が、課題を具体的にプランニングしあうことで、お互いの知識や経験をより深め、また事例を集め発表することで情報を共有し、身体の不自由な方とそのご家族の方々への、より安心かつ適正な提案力を身につけることを目的としています。)

9291

9292

その結果、見事に「学生福祉部門の大賞」を賞しました!
受賞者は、義肢装具士科4年制4年生 武内裕介さんです。
(全国からエントリーされる中には臨床で活躍されている医療関係者もエントリーしています。)
武内さんが、本当に利用者とその家族にとって安心で快適、かつ適切な提案」をしていただいた結果だと感じています。

9293

【受賞者の喜びの声です!】
福祉用具研究の授業や本日の後援を聴講させていただき、住環境を整備するということはどれだけ大切かと改めて感じました。
医療職である義肢装具士も住宅環境のプロの方と連携して患者様やお客様の核に立て帰還協議術、やはり住環境整備するということはどれだけ大切かを改めて感じました。
医療職である義肢装具士も住環境のプロの方々と連携して、患者様やお客様のお役に立てる環境づくりに少しでも力になれる。
そういった連携が当たり前になる社会づくりも目指しながら、来年から臨床現場で義肢装具士として頑張っていきたいと思います。
今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

9294

武内さんを始め義肢装具士科の4年生は、来年の4月から「義肢装具士」となって臨床へ巣立って行く予定です。
今回勉強した内容を忘れずに、義肢装具のみならず「福祉用具の提案まで、できる義肢装具士」を目指してください。

武内さん大賞受賞おめでとうございます!!

※1ホームページhttp://crsjapan.org