第22回日本義肢装具士協会学術大会参加!

こんにちは!
6月27・28日に東京・大田区産業プラザPiOにて開催された第22回日本義肢装具士協会学術大会に参加してきました。
最新の義肢や装具がたくさん展示されていたほか、東京大学生産技術研究所の山中俊治教授による『美しい義足の未来』など、興味深い講演がいくつもありました。
三田校義肢装具士科・義肢装具士科4年制からも多数の学生が参加し、皆熱心に展示物を手に取ったり、質問したりしていました。
私自身も演題発表を通して、『これからも頑張ろう!』と気持ちを新たにしました。

630

630-1

【参加した学生の感想】
(義肢装具士科4年制2年 山田寛太)
最先端の技術が使われた義足を、目で見て直接触れることができたのでとても嬉しかったです!
特に、水の中でも階段昇降ができる膝継手のデモンストレーションが印象的でした。

(義肢装具士科4年制1年 松原政之)
今回東京で行われた義肢装具士協会の学術大会並びに三田校の卒業生の方達とのOB会にも参加させていただきました。
学術大会ではまだ、私達には分からない事などたくさんありましたが良い経験になりました。
OB会では、各義肢会社の先輩方とこれからの義肢業界をどのようにして発展させるか、それに、これからはどのような装具が生まれていくか、医療が日々進歩する中で義肢装具の形も段々変わっていくのではないかと言う貴重なお話も聞く事ができ、休みの日を大変有意義に過ごす事が出来ました。

来年はなんと神戸で学会が行われます。是非一緒に参加しましょう!!
義肢装具士科4年制教員 網本舞