【オープンキャンパス情報】☆12月イベント紹介☆

12月7日(土)
特別イベント
『スポーツ義足ができるまで』
下腿義足製作実演・義足ユーザー講演を通じて、“やりがい”を体感!
人の体重を支え、“歩く”“走る”ことを可能にする『義足』はどのように作られているのかご存知でしょうか?
両足義足でも、健常者と変わらないスピードで走れる事をご存知ですか??
今回、行われるイベントでは、『義足』ができるまでの工程を見学していただくことができます!!
今回は、75歳を超えても全国のトライアスロンやマラソンの大会に出場し続ける義足の鉄人 前田 良伸さんをお迎えして、スポーツ義足の第1人者であり、前田さんを支え続けている本校義肢装具士科(4年制3年制)学科長 内田充彦先生による実際の採型・製作・適合までの下腿義足製作のデモンストレーションを行います!!
内田先生は、スポーツ義足の第一人者であり、経験豊富な義肢装具士です。また、本校の義肢科目群のコーディネーターで、多くの義足製作実習を担当されておられます。
実際の作業の様子を見ることで、義肢装具士の仕事の内容や楽しさ、ユーザーと義肢装具士の結びつきについて深く理解することができます。
義肢装具士をもっと知るチャンスです☆是非、ご参加下さい♪

 義足製作実演12
 内田先生(左)と前田さん(右)

12月14日(土)
特別授業見学
必見!実習見学会~義足ユーザーをお招きした下腿義足の採型実習を間近で見学しよう~
学校の設備や環境だけでなく、学生の授業風景を見学できるのが、この実習見学会です。
実際に義足について学んでいる学生たちの中に入り、学生や教員の雰囲気を体感していただけます。また、学生たちやモデルとしてご協力をいただいている義足ユーザーの方々と直接お話をしていただけます!
学生や義足ユーザーの方々の生の声を聞けるチャンスです!!
また、今回は特別に2012年ワールドパラトライアスロン優勝、長年トライアスロンに挑戦する義足の鉄人 古畑俊男さんのお話を聞くことが出来ます!!
◆古畑さんのご紹介◆
イベント翌日に行われる「三田国際マスターズマラソン」に出場される古畑俊男さんは、大変有名な義足のアスリートです。
そんな古畑さんを支えているのが、スポーツ義足の第1人者である本校義肢装具士科(4年制3年制)学科長 内田充彦先生です。
内田先生がコーディネート・担当されている義足科目を見学し、古畑さんや内田先生に直接質問ができるチャンスです!!☆

  義足 製作実演
  内田先生(左)と古畑さん(右)

12月15日(日)
自分自身の足を知ろう!
フットプリント体験☆
体の土台である「足」のことを皆さんはご存知でしょうか?
イベントで体験できる「フットプリント」とは、足の判子のようなもの。
足裏のどの部分にどのくらい体重がかかっているかをみることで、現在の足の状態がわかるのです。
フットプリントで自分の足を知りましょう!
※とったフットプリントはお持ち帰りいただけます。
◆過去のブログ◆

  フットプリント③

12月22日(日)
カラーベルト付き
手首の装具を作ろう♪
カックアップスプリントとは、腱鞘炎などの手関節に痛みのある方に対して、手首を保護し痛みを和らげるために用いられる装具の一つです。
他にも手首が垂れ下がってしまった方に対しても用いられ、装具で手首を支えることにより、手に力が入りやすくなり物を掴みやすくなります。
本来では採型や陽性モデル作成・修正、製作など多くの工程を必要とする装具ですが、イベントでは簡易的に製作のできる材料を使用し、装具の製作体験をしていただけます。
ただモノを作るだけでなく、人の体に合わせて作るという、楽しさや難しさを体感して下さい!
※製作したカックアップスプリントはお持ち帰りいただけます。
◆過去のブログ◆

  カックアップスプリント

12月23日(月・祝)
まるでロボット!?
筋電義手でつかみ取り
脳から発生する筋肉を動かすための微弱な電気信号をセンサーで読み取って動かすことのできる「筋電義手」。この筋電義手に触れていただくことができます!!
筋電義手の構造や動く仕組みもご紹介しています。
筋電義手の操作方法やその難易度を体験してみて下さい! 

  筋電義手

☆オープンキャンパスのお申込みはこちらから☆

【お問い合わせ先】
神戸医療福祉専門学校三田校
〒669-1313兵庫県三田市福島501-85
Free dial:0120-511-294
e-mail:info@kmw.ac.jp
URL:
http://www.kmw.ac.jp/